INTERDEPENDENCE CORPORATION

講師紹介 LECTURER

野口秀一

野口秀一 写真

大学にて国際関係論を専攻。卒業後、航空会社へ入社。キャリアチェンジを行うため人材開発系ベンチャー企業へ転職。米国ハーバード大学経営大学院(MBA)の教育メソッドをベースとした人材能力開発業務に携わる。

ヒューマンスキル系の研修を主に、リーダーシップ、リレーションシップ、モチベーションアップ、サービス・マネジメント系プログラムの開発と研修デリバリーを得意とし、課長、部長、店長の教育ならびにディストリクトマネジャー等へのサービスクオリティ、マネジメントトレーニングには定評がある。また、金融、製薬企業をはじめとする大手企業の管理職層、部長職層へ、多数の組織変革、人材研修経験を有する。

これまで、プログラム開発数約450本、受講生数延べ約60,000人に研修を実施する。また、米国アリゾナ州にて日系コンサルティング会社、香港にて財閥系会社、韓国にて製薬企業に対してマネジメント研修およびスキル研修を実施した経験がある。

特に、組織行動学、心理行動学、行動メカニズムを主軸とした行動変革系の研修プログラムを基軸とし、ビジョン共有、リーダシップ、フォロワーシップ、コラボレーション、チームビルディング、サービスマネジメント、サービスクオリティアップ等成果達成、生産性改善の研修には定評がある。

研修手法は、レクチャーは最低限とし、受講生の自発性を促すためにグループディスカッション、スモールグループカウンセリング、プレゼンテーション、アクティビティ(体感学習)、ビデオフィードバック等を多用し、参加型ワークショップ形式にて進行。また、講師の私見・体験談を随所に盛り込み、分かりやすく、腹に落ちる(現場へ橋渡しができる)を確実に行うことをモットーとしている。

得意な研修内容

自己認識プログラム、自己確信プログラム等自己変革型研修、管理職候補者、管理者向け組織マネジメント&リーダーシップ研修、部長・取締役・代表者向けエグゼクティブ・パーソナル・コンサルティング、M&Aによる異文化融合プログラムならびに共有セッション、ヒューマン・スキルプログラム全般。

主な対象者

  • ・結果や行動を変える必要がある人
  • ・昇格や職場異動する人
  • ・新規事業を率いるリーダー、組織を管理しリードするマネジャー、重責を担う取締役およびその候補者等。
資料請求はこちら